グリッドが重要!一級建築士設計製図試験 エスキス合理化テクニック

esukisu

今すぐ確認

1級建築士試験の設計製図試験において課題に取り組む際に悩むことの一つ
グリッドではないでしょうか。

どのようにグリッドを決めたらいいのか分からないといった悩みをかかえた
こともあったと思います。

限られた試験時間の中で取り組まなければいけませんから、一つ間違えると
手戻りが多くなって、試験時間内に完成できなくなるという結果になりかね
ません。

グリッドを決め打ちで設定したのはいいけれど、エスキスをしてみると破綻
してしまい、最初からやり直しということになると絶望的ですよね。

資格学校などで作成された設計製図試験の場合は、それこそ、難解なパズル
ともいうべき悪問が出題されることもありますから、現実離れしたパターン
でなければ正解を導き出せないのです。

実際の一級建築士試験で設計製図試験で悪問を見ることは滅多にありません
が、今後も絶対に出題されないとは言い切れませんので不安に感じているの
ではないでしょうか。

そこで役立つのが「一級建築士設計製図試験 エスキス合理化テクニック
です。

エスキスを必要最小限の時間で終えるために必要となるノウハウを学ぶこと
ができます。

40ページほどのボリュームですから1日あれば全て読めますし、わからない
ことがあればメールサポートで解決できます。

一級建築士設計製図試験 エスキス合理化テクニックではグリッドを決める
最適なタイミングであるとか、試験中の作業の手戻りを最小限におさえるの
に必要なチェックポイントなど、設計製図試験で役立つ知識をマスターする
ことができます。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ