【東大式記憶術】介護福祉士試験一発合格脳プログラム

kaigo

今すぐ確認

2017年からの介護福祉士国家試験受験資格が大きく変わっています。

その結果、2016年の試験までは受験ができていたとしても、2017年以降は
受験できない場合もありますので、事前に確認しておく必要があります。

さて、あなたが今回はじめて介護福祉士国家試験を受験するのか、前回まで
不合格で、2017年以降も受験資格があることが確定したために再受験する
のかは分かりませんが、合格率の高さに油断して受験勉強をおろそかにして
いると痛い目にあうことは言うまでもありません。

2016年は見送りとなりましたが、2017年以降は問題数が従来の120問から
「医療的ケア」の追加に伴い125問に増える可能性がありますし、実務では
全く必要のない知識が次々と出題される状況は変わりませんから、勉強せず
に実務経験や研修で学んだ知識だけで受験しても合格は無理
でしょう。

しかし、仕事を辞めないと資格学校などに通う時間を確保するのは無理です
し、通信講座も高額ですから経済的に難しいのが実情です。

参考書を買ってきて時間があれば読んでいるとか、サブノートを作って整理
するという王道的な学習法に取り組む人が多いわけですが、試験範囲が広い
こともあって、なかなか試験範囲を網羅するだけでも大変です。
続けられずに途中で挫折するケースが大半ですし、あなたも失敗したことが
あったかもしれません。

介護福祉士国家試験の過去問を繰り返し解いていれば合格できるという人も
居ますが、問題ごと丸暗記するのが得意な人の場合には効果的な手法ですが
問題集や過去問がメインの学習法が苦手な人も居ますから誰にも当てはまる
方法ではありません。

そこで、東大式記憶術介護福祉士試験一発合格脳プログラムが役立ちます。

幼稚園児でも身につけられる「東大式記憶術」を活用して、現役ケアマネの
山口あきこさんが合格するために必要な知識を厳選して音声教材として提供
しているだけでなく、Webブラウザがあればスマホなどから好きな時に問題
を解くことができるオンライン問題集も用意されています。

音声を聞いて、スマホなどで問題を解くという繰り返しで無理なく合格する
ために必要な知識を身につけられる
のです。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ