【リスニングパワー】英語の発音を学んでも話せない・聞けない原因は?

lpower

今すぐ確認

英語が話せない、聞けないという日本人は少なくありません。

その原因については諸説ありますが、日本語には存在しない「発音記号」が
英語には存在するので、日本語で学んできた日本人には聞き取れない
という
のが定説になっているようです。

中学生ぐらいになると、聞きなれない音はすべて雑音として脳で処理をして
しまうので、英語の発音をいくら聞き流しても、頭のなかに残らないという
説明がされることが一般的です。

しかし、英会話スクールなどにかよって、英語独自の発音記号を学んで発音
できるようになっても、英語が聞けない・話せないといった状況がまったく
改善されないというケースが少なくありません。

相手が話す英語を聞き取れなければ話すこともできませんから、状況は改善
していないのです。

さきほどの定説というのは、どうも間違いだったということのようです。

それでは、日本人が英語をマスターするのは不可能なのでしょうか?

質問するまでもなく、明らかに間違いですね。
英語を使いこなしている日本人も少なくありません。

それでは、従来型の英語教育の欠陥を解消するために、どのような勉強法に
取り組めばいいのでしょうか?

英語発音の世界的な権威と言われるアメリカ人言語学者のスコットペリー
によると、発音記号以外に、日本語と英語の根本的な違いがあることを発見
したと言います。

スコットペリー氏は独自の発音矯正メソッドを駆使することで、これまでに
2000名以上の日本人を英語が話せるようにすることに成功しています。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ