今年で保育士になる!保育士試験科目別リベンジセット「社会福祉」

shafuku

今すぐ確認

保育士試験で、社会福祉の科目は勉強しなくても合格できるほど簡単な科目だと
思っている人も少なくありませんが、ここ数年は意外に難化が進んでいます。

社会福祉の科目の試験内容は、他の試験科目にまたがることも少なくありません
ので、他の試験科目の勉強に時間をとられて、社会福祉はほとんど手を付けずに
いきなり本番
という人もいると思います。

その結果、社会福祉で不合格になったというケースが意外に多いのです。
できるだけ勉強時間を確保して勉強した方がいいでしょう。

社会福祉の科目では、どのような試験対策を行えばいいのでしょうか?
毎年のように出題されている頻出事項で間違えないことが大前提です。

何度も過去問を解いたり、問題演習に取り組むことで徐々に覚えていきますので
テキスト片手に丸暗記しようと思って、なかなか頭の中に知識として残らないと
嘆いているよりは、問題演習中心に取り組んだほうがいいと思います。

まじめに社会福祉の科目の勉強をしようと思うと、試験範囲が広範囲すぎるため
に、どこから手を付ければいいのか分からなくなってしまいかねません。

このため、出題確率の高い分野から順番に学習したほうが、科目合格への近道と
いうことになるわけです。

なお、頻出事項だけで合格ラインを上回るというのは難しいですから、事例問題
なども含めて取り組んでおくことが必要です。

【続きはこちら】

お知らせ

他の科目のリベンジセットは、以下のリンクからどうぞ。

⇒社会的養護
⇒子どもの食と栄養
⇒教育原理
⇒保育実習理論
⇒社会福祉
⇒子どもの保健
⇒保育の心理学
⇒児童家庭福祉
⇒保育原理

また、保育所保育指針のマスターに特化した特別講座も用意されています。
⇒保育所保育指針完全マスター穴埋め123問

以下の補助教材も活用すれば、さらに効果的です。
⇒社会的養護一問一答200問
⇒子どもの食と栄養一問一答200問
⇒教育原理一問一答200問

サブコンテンツ

このページの先頭へ