【ネイティブスピーク】英語の周波数問題を克服しても発音できないなら?

nspeak

今すぐ確認

アメリカ人言語学者のスコットペリー氏が、日本人が英語を話せない・聞け
ない理由は「周波数」にあるという発見をしたという話題は、別のページ
説明したとおりです。

しかし、追加で調査をしたところ、日本人は、英語の発音記号を正確に発音
できていない
ということも明らかになりました。

他の言語学者が言っていた定説も、誤りではなかったようです。
上記のリンク先での記事に関しては、お詫びして訂正しておきます。

さて、日本語に存在しない、英語独自の発音記号を正確に発音できていない
というのは、一体どういうことなのでしょうか?

スコットペリー氏からの指導もあったおかげで、現在はバイリンガル英会話
講師として活動している横田力さんによると、日本語の「あいうえお」等に
相当する「フォニックス」を知らないのが原因だと言います。

英和辞書に書かれている発音記号を見て「thは舌を噛む」といった断片的な
知識だけ知っていて、フォニックスについて正確に学んでいない場合に起こ
りやすいといいます。

もちろん、「thは舌を噛む」といったことも知らないのは論外です。

前述の横田さんによると、フォニックスを系統だって身に付けるのに役立つ
のが、スコットペリー氏が行っている発音改善法「Scott Perry Tongue
Position
」だといいます。

ネイティブがどのように舌や唇、口を動かしているのか、文章やイラスト等
ではわかりにくいと思ったことはありませんか?

英会話スクールで講師に教えてもらったとしても、個人差もあって、曖昧で
わかりにくかったかもしれません。

「thは舌を噛む」と言われても、自殺するように舌を噛み切るような勢いで
噛めばいいのか、それとも、歯が舌に軽く触れるだけでいいのか、さっぱり
わかりません。

しかし、実写の映像で撮影することは不可能ですし、あまり見たい映像でも
ないでしょう。

口の中の動きがわかるように、CGで再現したのがネイティブスピークです。

【続きはこちら】

サブコンテンツ
           
あわせて読みたいブログパーツ

このページの先頭へ