今年で保育士になる!保育士試験科目別リベンジセット「子どもの保健」

kodhoken

今すぐ確認

2013年保育士試験から新たに生まれた試験科目の一つが子どもの保健です。

「子ども(子供)の保健」という試験科目は、2011年までの試験において、
「精神保健」と「小児保健」という2科目をまとめて一つの試験科目にした
ものです。

精神保健は「発達心理学及び精神保健」の中の一部でしたから、単純計算で
1.5科目分のボリュームの試験科目になったといえるでしょう。

しかし、細かく見ると、「子ども(子供)の保健」に統合する際に1.5科目
ではなく1科目になるようにリストラされている
ことが分かります。

細かい知識やマイナー分野の知識が求められることは少なくなり、たまには
難問・奇問としては出題されるかもしれませんが、オーソドックスな出題が
中心になります。

しかし、「2012年改訂版保育所における感染症対策ガイドライン」から出題
されたこともあって、癖のある問題がなくなるわけではないようです。

【続きはこちら】

お知らせ

他の科目のリベンジセットは、以下のリンクからどうぞ。

⇒社会的養護
⇒子どもの食と栄養
⇒教育原理
⇒保育実習理論
⇒社会福祉
⇒子どもの保健
⇒保育の心理学
⇒児童家庭福祉
⇒保育原理

また、保育所保育指針のマスターに特化した特別講座も用意されています。
⇒保育所保育指針完全マスター穴埋め123問

以下の補助教材も活用すれば、さらに効果的です。
⇒社会的養護一問一答200問
⇒子どもの食と栄養一問一答200問
⇒教育原理一問一答200問

サブコンテンツ

このページの先頭へ