【一級建築士FS勉強法】五感をフル活用した短期学習法

今すぐ確認

一級建築士試験では、最初に学科試験に合格しないと設計製図試験に進むことは
出来ませんが、学科試験の合格率は20%を割っており、低い年だと15%前後と
なっています。

学科試験に合格すれば、初年度を含めた3年間は設計製図試験に集中できますの
で、あなたも短期間で学科試験を合格したいと思っているでしょうが、なかなか
難しいのが現実です。

一級建築士の滝十字(仮名)さんは、学科試験5年、設計製図試験3年と、合格
するまで非常に苦労しましたが、学科試験の勉強を初めて5年目に偶然見つけた
「決定的な発見」によって学科試験に合格できた
といいます。

この「決定的な発見」というのが「音声化」です。

どこかの英会話教材ではありませんが、音声を聞き流すだけで一級建築士試験で
重要なポイントを効率よく覚えられるようになるというものですが、滝十字さん
の場合は、スタートしてから1週間で効果を実感できたといいます。

試験勉強をするヤル気がなく、標準テキストや参考書、問題集を出す意欲がなく
ても音声を流せば、一級建築士試験の勉強ができますし、机に座って勉強しなく
ても、音楽を聞くのと同じように、いつでも好きな時に勉強ができます。

つまり、普通であれば試験対策に使えないスキマ時間を効果的に使えるのです。

この音声を使った一級建築士試験学習法をまとめたのが「一級建築士FS勉強法
です。

音声をあなたが吹き込んで用意する必要はありません。
一級建築士FS勉強法で用意した音源があるからです。

もちろん、これだけでは不十分と思ったら、あなた自身で録音した音声を聞けば
いいわけですし、市販の音声教材でも役立つものがあれば使えばいいわけです。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ