【バレーボール上達ドリル スパイク編】感覚だけでは無理!

今すぐ確認

バレーボールだけに限った話ではありませんが、新たな技術やテクニックを
身につける際に、練習をするにあたって、感覚をつかめるようになるために
何度も同じ練習内容を繰り返す「反復練習」を行うことが一般的です。

反復練習をすることで、正しく感覚をつかんで上達する人がいる一方、練習
している間に指導をされることがなかった結果、悪い癖を身につけてしまい
かえって上達を妨げてしまう
場合もあります。

常に指導者が練習中に目を光らせている状況であれば、悪い動きをした時に
指摘を行って、悪い癖が身につかないようにするものですが、ただ怒鳴って
いるだけだったり、練習量のノルマをこなすことしか考えていない指導者だ
と、無意識のうちに悪い癖を身につけて、それを強化させてしまう可能性が
極めて高いと言わざるを得ません。

また、選手の方からしても「スパイクはこうやれ」という指導を受けるだけ
では、どう打てば正しくスパイクができるのかわかりません
し、練習する中
で模範演技を参考にして見よう見まねで感覚をつかむというのは無理難題も
いいところです。

いくら上手くなるコツを聞いても上達できないのは、正しい動きをしっかり
と身につけられていないのが原因ですが、単なる反復練習では上達できない
可能性が高いことは指摘したとおりですから、厄介な問題です。

そこで、バレーボールの個別指導を行う東京バレーボールアカデミー代表の
斎藤利さんは以下の2つのポイントを上げています。

  • 出来ない理由を知る
  • 良い例とコツを知る

どちらか一つだけでは不十分ですし、両方ないのは論外です。

この2つのポイントを踏まえたスパイク上達法を、地理的、時間的な問題と
いった理由で東京バレーボールアカデミーで個別指導を受けるのが難しいと
しても実践できるようにしたのが、「バレーボール上達ドリル スパイク編
です。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ