【水泳ベストタイム更新プログラム】2軸泳法で抵抗力を減らして推進力を向上!

今すぐ確認

クロールや平泳ぎ、バタフライや背泳ぎで、現在よりもタイムを縮めたいと
思って努力しているとは思いますが、なかなか成果が出せずに困っているの
ではないでしょうか?

水泳でも日々研究が進んでいることもあって、かつては正しいとされていた
ことが、実は極めて非効率だったという結論
になるケースが増えています。

その代表例とも言えるのが、クロールや平泳ぎ、バタフライではS字を描く
ようにしてかくとか、クロールや背泳ぎはローリングするのが正しいという
考え方です。

かつては常識だったわけですが、いずれも現代のスポーツ研究によって否定
されています。

つまり、クロールや平泳ぎ、バタフライではS字ではなくストレートにする
方が水の抵抗が少なくなるために泳ぎやすくなりますし、クロールや背泳ぎ
でローリングをすることで体の軸がぶれてしまい、水の抵抗が強くなること
ことがわかっています。

小手先の対策だけで改善しようと思っても、なかなか思い通りに行きません
ので、根本的に泳法を変えたほうがいいとアドバイスするのは日本体育大学
競泳部ヘッドコーチでJOCオリンピック強化指定コーチの藤森善弘さんです。

藤森さんが提唱しているのが「2軸泳法」です。

特にクロールと背泳ぎで威力を発揮しますが、バタフライや平泳ぎでも一定
の効果が得られることが明らかになっています。

体の軸を中心にして泳ぐ「1軸泳法」と比べて、左右の肩関節と股関節とを
結んだ2つの軸をもとにして泳ぐ「2軸泳法」の方が体幹のブレが少なくなる
ことから、水の抵抗を受けにくいというメリットが有ります。

また、自然な動きに従って身体を動かせるようになることから、無理に力を
入れなくても推進力を出しやすくなります。

この2軸泳法を短期間で効率よくマスターできるのが、「水泳ベストタイム
更新プログラム
」です。

50メートルで2秒もタイムを短縮した実績があります。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ