宅建士試験に独学で短期合格する坪式学習法

今すぐ確認

不動産関係の仕事をするようになると宅建士資格のありがたみを感じる機会
も増えてくると思いますが、何回も受験しても合格できないというケースは
決して珍しくありません。

宅建士試験の合格率は15~17%程度で安定していますが、この数値は申込
だけをして受験しなかった人は除いて、受験生と合格者との割合で計算した
ものですから、宅建士試験に申し込みをしたけれど勉強していないから合格
できるわけがないと受験を諦めた人々も含めた実質的な合格率は更に低い

言えます。

そこで、宅建士で宅建士試験講師として20年を超えるキャリアを持つ坪義生
さんは、以下の2つのポイントを踏まえた試験対策を行うことで、短期間で
宅建士試験で合格することは可能
だといいます。

  • 合格に必要なところ(主要3科目)だけを完璧にする
  • 短期間で確実に覚えられる記憶法を使う

主要3科目の配点だけでも全体の8割以上となっていることから、しっかりと
正解すれば、その他の問題はヤマ勘で答えても数問は正解できるから宅建士
試験の合格ラインを超えられるというわけです。

しかし、主要3科目だけでも覚えないといけない項目は少なくありませんし
重要事項説明書の記載事項」などは何回覚えようとしても挫折したことが
あるかもしれませんね。

そこで役立つのが、一般的に知られている複数の記憶術を利用した、独自の
坪式記憶術です。

記憶術や記憶法の中には、ほとんど真似ができないものも珍しくありません
が、坪式記憶術は誰でも実践できるようにカリキュラムが構成されています
し、坪さんが指導を行っている資格学校の生徒は坪式記憶術を用いることで
短時間で大量の項目を覚えることに成功しています。

この宅建士試験向け学習法をまとめたマニュアルが、「宅建士試験に独学で
短期合格する坪式学習法
」です。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ