【ケアマネ合格桜咲く】難化が進むケアマネ試験でリベンジできる勉強法!

careman

今すぐ確認

年々合格率が低下し続けている介護支援専門員(ケアマネージャー)試験
ですが、今後も合格率が低下するのか、そろそろ下げ止まるのかは分かり
ません。

しかし、ケアマネ試験が始まった当初と比べて、難易度が急激に上昇して
いることは間違いありませんので、実務をこなしながらの試験勉強となる
と大変です。

一般的に、ケアマネ試験の合格までには、360時間の勉強時間が必要だと
言われています。

曜日に関係なく1日1時間勉強すれば約1年、1日2時間であれば半年という
ところでしょうか。

当然ながら、記憶力の良い人もいれば悪い人もいますし、試験慣れをして
いる人と初受験の人では差が出てきますので、あくまでも目安です。

ケアマネになろうと思えば、受験条件として実務経験が不可欠ですから、
今の仕事をしながらケアマネ試験対策をするというのが一般的でしょう。

受験できる条件を満たしてから一度退職して、ケアマネ試験に専念すると
いうことも理論的には可能ですが、生計などを考えると、現実は少ないと
思います。

そこで、勉強時間を確保するためにいろいろと苦労をすると思いますが、
勉強時間を確保するだけで十分なのでしょうか?

同じ時間をかけて勉強しても、学習した成果には差が生まれるのです。

別に、あなたの頭の良さを他人と比べようというのではなく、どのような
教材を使って、どのように勉強に取り組んだかによって、モチベーション
や集中力に関係なく、学習成果に差が出る
ことを言いたかったのです。

せっかく学習時間を確保してケアマネ試験対策の勉強をするわけですから
合格できるように勉強しなければ意味がありません。

そこで役立つのが、ケアマネ合格桜咲くです。

ケアマネ試験対策として、参考書や問題集以前の「学習法」というところ
から、あなたが合格するために必要なことを教えてくれます。

その結果、360時間必要だと言われている学習時間を60~80時間まで短縮
することができます。

1日1時間だと、2ヶ月から3ヶ月といったところですね。

【続きはこちら】

サブコンテンツ
           
  • SEOブログパーツ

このページの先頭へ