【サーフィン上達プログラム】海での練習しか効果はない?

今すぐ確認

サーフィンを上達するためには、海上での練習量を増やさないと無理などと
思われがちですし、陸上での練習なんて「畳の上の水練」で意味がないなど
と思っているかもしれませんね。

実際には、水泳で言うところのドライランドトレーニングのように筋トレや
ストレッチなどで身体能力を高めたり、体幹を鍛えることでバランス感覚を
養うといった具合に、陸上でも実践して効果的な練習はあります。

また、海沿いに住んでいないと、海に出るだけでも大変ですし、忙しいので
練習時間を確保するのが難しいと言う場合には、なかなかサーフィンが練習
できないという状況に陥りがちです。

そこで、ASPアジアチャンピオンで現役のプロサーファーとしてサーフィン
指導を行う機会も多い小川直久さんが作成した「サーフィン上達プログラム
が役立ちます。

サーファーに必要なポイントとして、小川さんは以下の3点をあげています。

  • 身体の使い方を覚える
  • 体重の乗せ方を理解する
  • うまくいかない場合の解決策を知る

一般的には、どれだけ他人から教わったところで、自分で正しい感覚を身に
つけるまでは思い通りにいかないものですが、ただ反復練習を続けていれば
身につくものでもありません。

「サーフィン上達プログラム」では、全くの未経験者から伸び悩んでいる人
まで効率的にサーフィンが上達できる練習法を動画で説明
しています。

小川さんからマンツーマンレッスンを受けている感覚で学べますし、段階的
に上達できるようにカリキュラムが構成されていますので、無理のない着実
なレベルアップが可能です。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ