【人を笑わせる会話術】笑いを取るのに自らを貶める必要はない!

今すぐ確認

ユーモアは「人間関係の潤滑剤」とも言われるように、コミュニケーション
が苦手な人にとっては必ず身につけておくべきスキルの一つですが、認識を
間違っている人が少なくありません。

ユーモアとは「笑いを取ればいい」ものだと思って、他人に笑われるような
こと
をする人がいますが、このような方法で得られる笑いというのは嘲笑や
冷笑であり、人間的に見下されることになりかねません。

その結果、自らを貶めることになって、いじめの原因になったり、上下関係
が生まれてしまって、嫌がらせや理不尽な命令を日常的に受けることになる
わけです。

そうではなく、ウィットに飛んだ嫌味のないジョークで場を和ませることが
できるのがユーモアであり、まわりから蔑まれるどころか、逆に尊敬される
ほうが多くなります。

そんな気の利いたジョークがとっさに思い浮かばないから自分には無理だと
思って諦めているかもしれませんが、「人を笑わせる会話術」で学ぶことで
あなたも確実にユーモアに飛んだジョークが瞬時に出せるようになります。

「人を笑わせる会話術」は、会話コンサルタントの木多崇将さんが作成した
マニュアルですが、笑いが起こるパターンから逆算して、どのように展開を
していけば、誰でも無理なくユーモアあふれる会話ができるようになるのか
を明らかにしています。

演繹法的なアプローチでは笑いのメカニズムを明らかにするのは不可能だと
これまでの研究で明らかになっていることから、本多さんは帰納法的手法で
27種類の「笑いのパターン」を見つけ出すことに成功しました。

この笑いのパターンこそが勝利の方程式のようなものであって、しっかりと
状況にハマった時に用いることで、確実に笑いが取れるようになります。

この27種類の笑いのパターンが使えるシーンは、それなりに多いことから、
せっかく学んでも使い道が全くないので役に立たなかったという心配はあり
ません。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ