【テニス・ジュニア選手育成プログラム】厳しい練習だけが上達法ではない

今すぐ確認

テニスだけに限った話ではありませんが、
上達するためには練習が必要
なことは明らかですから、本を読んだだけでテニスが上達できると考えても
時間の無駄
でしかありません。

しかし、がむしゃらに練習をしていれば上達できるというのも、同じく時間
の無駄でしかありません。

センスや才能、身体能力の差を、練習量でカバーするといった考えは根強い
ですよね。

単純に練習量が足りないから上達できない
などと断言する指導者も少なくありませんが、同じ練習量でも上達スピード
が異なるのは、練習の質が違うからです。

体育の授業のように、好きでもない運動をしなければいけない場合であれば
モチベーションが低いことから、同じ練習メニューでも上達度合いが変わる
ことは珍しくありませんが、自ら望んでテニスの練習に取り組んでいるにも
関わらず、上達スピードが異なるのをモチベーションの差などに矮小化する
のは誤り
です。

群馬県にあるミナミグリーンテニスクラブ代表の倉林愛一郎さんは、幼児や
小学生、中学生と言ったジュニア世代の硬式テニス指導を行っていますが、
群馬県大会で優勝、全国大会でも上位入賞する選手が続出しています。

倉林さんの評判を聞きつけて、ぜひとも指導を受けたいと考えるハイレベル
な学生が集っているのも事実ですが、全くのテニス未経験者から始めて全国
大会レベルの選手にまで成長している学生がいるのもまた事実です。

倉林さんが行うテニス指導の大きな特徴が「子供目線」です。

子供に妥協して甘やかすと言ったものではなく、成長期を終えた大人と同じ
ようにトレーニングや目標、技術や戦略などを教えても、限界を超えるため
にマスターできませんので、「ゴールデンエイジ」と呼ばれるように成長期
特有の潜在能力を引き伸ばすために、子供の頃に身につけるべきことを指導
する
という意味合いです。

シンプルでありながらもテニスの本質に基づいて、着実に上達できるように
倉林さんは指導していますが、その指導内容をDVD動画にまとめた「テニス
・ジュニア選手育成プログラム
」を公開しています。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ