【飛ばしの要諦】コンパクトなスイングで飛距離を伸ばせる!

tyotei

今すぐ確認

ゴルフの楽しみは色々ありますが、飛距離の長いショットを打つというのも
そのうちの一つではないでしょうか。

ドラコンに出場しなくても、コースを回って豪快なショットを打てたという
だけでも満足できるというものでしょう。

しかし、単に飛距離を伸ばそうと思って、豪快にスイングするだけでは全く
ボールをコントロールすることはできませんから、林に入ってOBになったり
池ポチャやバンカーといった具合に、散々な結果になりかねません。

ヘッドスピードを上げるだけでは飛距離を十分に伸ばすことはできませんし
筋トレに熱心に取り組んで腕力を伸ばしても、ボールに伝えるのが不十分で
あれば、飛距離アップにはつながらないのです。

やはり、フェアウェイをキープした上で、飛距離を伸ばしたいと思うのが、
多くのゴルファーの希望ではないでしょうか。

そこで必要となるのが、本当に飛ぶインパクトの理論です。

クラフトマンの倉木真二さんが、ドラコン日本一のプロから教わった理論を
ベースにしてアマチュアゴルファーでも実践できるように理論を組み立てた
のが【飛ばしの要諦】です。

コンパクトなスイングであるのにもかかわらず、トップの位置でシャフトは
地面と平行な位置まで上がらないし、スイングアークもそれほど大きくなく
大振りせずに安定した軸をキープできるという打法です。

エネルギーをロスすることなくボールに伝えることが出来るようになること
から、同じような力でも、飛距離が自然と伸びてくるというわけです。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ