孤独の重要性も学ぶ必要はあるが!大人のための大逆転「親友」作り術

tomodati

今すぐ確認

友達100人できるかな

毎年4月頃になると、スーパーやデパートなどで流されるBGMで聞いた事が
あるのではないでしょうか?

この強迫観念自体が、日本の同一性を強化して異物を徹底的に排除しようと
する「悪しき伝統」に繋がっている
という指摘をする人もいます。

集団で群れないと何も出来ない日本人を作り出す原因が、友達がいないだけ
でいじめたり異端視するといった行動に現れているというわけです。

また、大人になると、自然と友達の数は減ってくるものです。

学校のように友達関係を強制する同調圧力はありませんし、それどころか、
組織内で潰し合いをさせるブラック企業も少なくありません。

組織として動く必要はありますが、必ずしも仲良くならなければいけないと
いうわけではなく、仲の悪い人と一緒に行動して同調する必要が生じること
にもなりかねません。

それどころか、自分一人で決めなければいけないことが、公私ともども山の
ように増えてきますから、孤独に耐えられないといった状態では大人として
生活できなくなってしまう
のです。

どうあがいた所で、心中をしたとしても、死ぬ時は一人であの世に行くわけ
ですから、結局は孤独から逃れることはできません。

もちろん、相談できる人はいないよりはいたほうがいいですが、責任は誰も
とりませんので、結局は自分しか頼りになるものはないということです。

それでは、大人になってから「親友」が欲しいと思っても、無駄な欲望だと
思って無視したほうがいいのでしょうか?

親友というと、多くのケースでは学生時代から付き合っている間柄というの
が一般的であり、大人になってからは、趣味や組織で出会った気の合う人と
仲良くなるという程度ではないでしょう。

わざわざ「親友を作る」という発想がおかしいと言う人もいるぐらいです。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ