インテリアコーディネーター1次試験らくらく合格勉強法

interior

>>公開は終了しました<<

インテリアコーディネーター1次試験に合格することで受験できる2次試験
では、論文とプレゼンテーションが課されます。

プレゼンにせよ、論文にせよ製図が出来なければ合格することは不可能と
いってもいいでしょう。

受験制限がないインテリアコーディネーター試験ですが、実務経験がない
と2次試験で何を書けばいいのか分からなくなるのではないでしょうか?

しかし、インテリアコーディネーター2次試験合格者に、実務経験がない
主婦が多いのと、合格率が50%前後と高いこともあって、ハードルが高い
わけではありません。

しっかりと試験対策を立てておけば、実務経験がなくても2次試験で合格
することは難しくありません。

当然ですが、それ以前に、1次試験に合格できなければ2次試験を受験する
ことはできません。

1次試験に合格すれば、3年間は合格が有効になりますから、その間に2次
試験に合格すればいいということになります。

もちろん、1次試験に合格した年に2次試験を受験して合格しても、問題は
ありませんが、万が一2次試験が不合格になったとしても、次回受験の際に
1次試験から受け直す必要がないというのは嬉しいですね。

面倒なことをしているとか、まどろっこしいと切り捨てる人もいますが、
1年目は1次試験合格を目指して、2年目・3年目で2次試験合格を目指すと
いう人もいるといいます。

さて、1次試験はマークシート式であるために、完璧に覚えていなくても
運が良ければ正解することもありますが、2次試験よりも合格率は低く、
20%台だといわれています。

200時間ぐらい勉強すれば合格できるレベルの資格だというのが一般的な
評価ですが、それを60~90時間にまで短縮しようというのがインテリア
コーディネーターらくらく合格勉強法
です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ