【論文式試験専用記憶術】士業試験などに最適!数分で条文を丸暗記!

ronexam

今すぐ確認

択一式(記述式)試験と論文式試験では、合格するための勉強法が異なる
いうことを知っていますか?

択一式・記述式試験では、以下のような学習スタイルで試験対策を行うのが
一般的です。

  • 基礎教材を使って勉強する
  • 問題集や過去問を解く
  • 何度も問題を解いて正解できるようにする
  • 試験直前に模擬試験などがあれば受講する

試験によっては、問題集を先に使う方が効果的などという「勉強法」を紹介
する人もいるでしょう。

いずれにせよ、問題集や過去問などを活用したアウトプット中心の勉強でも
合格レベルに到達することは難しくありません
し、最短距離であるケースも
少なくありません。

その一方、論文式試験で択一式・記述式試験と同じような勉強法をしようと
考えても、すぐに破綻します。

理由は簡単で、インプット量が膨大であり、問題集から逆算して取り組んだ
ところで、試験範囲をまったくといっていいほど網羅できない
からです。

要するに、一問一答スタイルで頻出事項を身につけるといった学習法では、
全く論文式試験では対応できないわけです。

このため、インプットを行なって、必死になって覚えようとするわけですが
論文式試験を採用する試験といえば、士業試験をはじめとした難解な条文を
覚えるようなものばかりですから、全く進捗が悪いのです。

各条文の抽象的で内容が理解し使いだけでなく、法律であれば現在でも文語
体で書かれているものがありますので、読むだけで大変といった状況です。

このため、論文式試験向けの勉強として、インプットを短時間で大量に行う
ことができる方法が求められる
わけです。

そこで、論文式試験専用記憶術が役立つでしょう。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ