アンダースローはどう?投球フォーム別パーフェクトバイブル

bspbible

今すぐ確認

試合で勝つために、ピッチャーに求められていることといえば、言うまでも
ありませんが、点をとられないこと、打たれないことです。

頼まれてもいないのに、四死球を量産して、挙句の果てには、ホームランを
打たれるといった、水差しガソリンピッチャーは誰も必要としていません。

全打者を三振に仕留めてくれたら最高ですが、実力差の大きなチームと試合
でもしない限り、「完全試合」というのは非常に困難です。

フォアボールやデッドボール、エラーでの出塁だけのノーヒットノーランで
あっても素晴らしい記録ですから、失点を最小限に抑えただけで上出来だと
言えるでしょう。

そのためには、速いボールを投げて、コントロール力が高いことが最低条件
です。

ノーコンで緩急のないボールしか投げられずに、間合いが長いピッチャーと
いうのは、野手からも守備のテンポを狂わされますから迷惑な存在です。

しかし、「アンダースロー」をマスターすると、スピードやコントロールで
真正面から勝負をしなくても打者を抑えられる
ことは知っていますか?

アンダースロー独特のフォームから投げられるボールにバッターが対応する
のが難しいのも大きなポイントですし、自然とコントロール力が増しますし
スピードアップにも繋がるというメリットがあります。

とはいえ、アンダースローが向いていない人は数多くいます。
アンダースローピッチャーの数が少ないことからも明らかでしょう。

しかし、せっかくアンダースローの才能があったとしても指導者などが全く
気づかずに見殺しにしている可能性がないとは言えません。

アンダースローを教えられる指導者が極めて少ないのも一因でしょう。

イチローのように、独特な振り子打法を認めた指導者がいたからこそ、今の
大打者が生まれたのであって、無理やり矯正されていたら、鈴木選手は2軍
生活で終わっていたかもしれません。

現在ピッチャーとして伸び悩んでいるというのであれば、アンダースローが
向いているかどうか、チェックするのも悪くないのではないでしょうか?

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ