1週間でネイティブ脳を構築!「超速」英語育成プログラム

chosokue

今すぐ確認

英語の勉強を続けていても、全く話せるようにならないし、英文を読んだり
書いたりするのも苦手なまま
だというのは、いったい何が原因なのでしょう
か?

あなたの努力が足りないとか、まじめに勉強していないから成果が出ないと
いった具合に、あなたの素質であったり学習態度に対して指摘する人が多い
わけですが、本当にそうだと思いますか?

学校の勉強などのように強制的にやらされるものであれば、拒否したり反抗
するというのもわかるのですが、自主的に取り組んでいることに対して努力
不足であるとか、学習態度が悪いといわれるのは論外ですよね。

いつでも辞められる状況であるのにもかかわらず、英語の勉強を続けている
わけですから、学習姿勢がないというのは当てはまりませんし、努力不足と
いう指摘も不正確です。

多くの場合、教わる生徒の方に問題を押し付ける「教える側」に問題がある
のです。

教える側の教師や講師の教え方に致命的な欠陥が見られる場合もありますし
教える方法や教材にも、根本的な問題がある場合もあります。

ところで、日本語を話したり読み書きするときに、英語や中国語、韓国語と
いった外国語に一旦翻訳して、再び日本語に戻して考えたりしますか?

ネイティブの日本人は当然やりませんし、バイリンガルや帰国子女であって
も、このような面倒なことはしません。

もちろん、日本語を話す外国人であっても、このような面倒くさい言語変換
をしている人は少数派でしょう。

多くの外国人は、母国語で話す時は母国語で物事を考え、日本語で話す時は
日本語で物事を考えています。

しかし、英語を話す日本人は、なぜか英語を日本語に翻訳したり、日本語を
英語に翻訳しながら話すということをしているのです。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ