【ソフトボール上達革命】攻走守そろったソフトボール選手になれる練習法

sbrevo

今すぐ確認

ソフトボールが2008年の北京大会を最後にオリンピック競技から除外され
ましたが、レスリングが除外されるのと引換えに、2020年から復活できる
可能性がある
そうです。

同じ枠を、野球などの他の競技も狙っていることから確率は高いとは言え
ませんが、レスリングの巻き返しもあるため難しいのではないかと思われ
ます。

さて、ソフトボールの選手人口は、ソフトボール協会でもデータを持って
いるとは思いますが、公表されているのが日本財団(旧日本船舶振興会)
が設立した笹川スポーツ財団の研究結果というのが不思議ですね。

笹川スポーツ財団は、まわりまわってあなたが買ったかもしれない競艇の
舟券が支えていることでしょう。

チーム数から類推して562万人という数値が多いように思うか、少ないと
思うかはわかりませんが、柔道の68万人や綱引きの298万人、野球の726
万人という数値と比べると妥当なのかもしれません。(2004年時点)

このソフトボールですが、どのような練習をすれば効率よく上達できるの
でしょうか?

ゆとり教育だと全く成果が出ないので、スパルタ式に厳しく叱咤激励して
時には竹刀などで殴られてトレーニングを積むことが、短時間で驚異的に
ソフトボールのスキルを上達する秘密なのでしょうか?

最近のマスコミの一面的な報道にうんざりしている人も多いと思いますが
ごく一部だけを徹底的にバッシングしている様子は「体罰」「いじめ」と
何ら変わりません。

技術面だけでなく、メンタル面も重視されるのがソフトボールですから、
肉体的・精神的プレッシャーに負けるような連中は排除されるべしという
のも一つの考え方です。

【続きはこちら】

サブコンテンツ
           
あわせて読みたいブログパーツ

このページの先頭へ