【天才の勉強法】3時間の単純作業でクラスで成績トップになれる!

tensai

>>公開は終了しました<<

多くの人が望んでいながら、どうすれば達成できるのかを考える人が少ない
のが、学校の成績優秀者、いわゆる、優等生や天才と呼ばれる人たちです。

頭の出来が違うとか、成績が良くなくても人間性が優れていれば社会に出て
から有利になるといった具合に、その場しのぎのごまかしを続けているわけ
ですが、これでは、全く成績があがるわけがありません。

通信講座や学習塾、個別指導や家庭教師に教えてもらっても、成績が悪いと
いうことで、諦めてしまうケースが大半です。

しかし、成績劣等生の人間性が優等生と比べて優れていたとしても、優等生
のほうが数多く難関大学に進学することから、就職先の選択肢を考えても、
雲泥の差がみられます。

少なくとも成績が悪ければ、医学部・歯学部・薬学部に進学できませんから
医者や薬剤師にはなれませんし、弁護士などになるのも不可能でしょう。

また、Fラン大学や高校で就職活動をしていても、まともな就職先がない
いうことは、改めて説明するまでもないでしょう。

難関大学に進学しても、学者になれずに、オーバードクターでバイトで食い
つなぐ生活を続けているという人もいれば、ゴミ処理場で働いているなどの
例外的なケースを取り上げて、すべてのケースであるかのように誤った認識
を与える雑誌もありますが、全体のうちの100名程度の話です。

これだけ現実は残酷なのです。

ところで、成績劣等生と優等生の違いを知っていますか?
オツムの出来といった非科学的な話ではなく、生活習慣についてです。

優等生になると、ガリ勉をしているという印象はないですよね。
どうしてだと、思いますか?

これが分からなければ、オツムの出来などといった思い込みに振り回されて
間違った認識を持ってしまい、人生で大損をしてしまうのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ