【東大記憶法90日間遠隔セミナー】過去の記憶術は現代では通用しない

todaiki

今すぐ確認

ナントカ式記憶術、カントカ式記憶法

などといった記憶力を高める手法をマスターしようとトレーニングをしたが
全く役に立たなかったという経験はありませんか?

その理由として考えられるのは、大半の人がマスターできない方法であった
という可能性があるのと、その記憶術や記憶法が時代遅れで、現代社会では
役立たないシロモノである
という点でしょう。

長期間にわたって苦労してようやく身につけた記憶術や記憶法が時代遅れで
使えないというのでは、全く意味がありません。

いったい、どういうことなのでしょうか?
その秘密は、「ゆとり教育」にあります。

ゆとり教育というと、学習時間を減らして学習カリキュラムも過剰に簡略化
しすぎたことから、日本人の白痴化を進めただけだという面が強調されがち
です。

しかし、(机上の空論的な面は多分にありますが)思考力を養う時間を確保
するといった目的もあったことは忘れてはいけません。

この思考力を養うというのは、資格試験や入試問題等にも反映されるように
なりました。

従来の試験問題のように、「知っている」「知らない」だけを判断する問題
ではなく、単に知っているだけでは正解を出せないという「考える」問題が
出題される
ことが一般化したのです。

従来の記憶術の目的であるとも言える、コンピュータのように聞かれたこと
に対して正しい答えを出すだけでは、現代の試験では対応できません。

つまり、覚えたことの「応用」が効かないために実際の試験問題が解けない
という結果に終わることから、記憶術が役に立たなくなったのです。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ