キーパー指導に悩む指導者に!サッカーゴールキーパー育成プログラム

gkeeper

今すぐ確認

同じスポーツをしていても、ポジションが違うと全くやっていることが
違うケースが少なくありません。

個人競技や、団体競技だけど個々のシーンでは一人しか参加しない競技
(駅伝や水泳メドレーなど)とは異なり、チーム単位で戦うスポーツは
選手のポジションが固定されることが珍しくありません。

バレーボールであれば、一人の選手が同じポジションに固定することは
ありませんが、あくまでも例外的なものであり、野球やソフトボール、
そして、サッカーやフットサルでも当てはまります。

サッカーの場合、フォワードからミッドフィルダー、ディフェンス等の
フィールドでは、別の役割を兼ねたり、ポジションが変わってもさほど
問題はありませんが、ゴールキーパーだけは特別です。

ゴールキーパーの選手が、試合中に故障で途中退場してしまい、予備の
ゴールキーパーがいないといった緊急事態を除けば、フィールド選手が
ゴールキーパーをすることは皆無といえるでしょう。

サッカーにおいてゴールキーパーというのは、重要でありながら特殊な
ポジションと言えるかもしれません。

野球で言えば、キャッチャーと同じ役割を果たしていると言っても過言
ではありません。

そのため、ゴールキーパーを育成しようと思っても、フィールドの選手
経験しかなかったり、そもそもサッカー経験がないというのであれば、
指導しようにも何を教えればいいのか迷ってしまうと思います。

キャッチングやセービングなどのゴールを守るトレーニングだけすれば
いいと考えているかもしれませんが、全く不十分です。

ディフェンスとの連携であったり、他にも重要なことが数多くあります
が、どうしてもゴールキーパー経験者でなければイメージしづらい事も
数多くあります。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ