偏差値40以下の底辺高校から慶応大学に180日で合格した勉強法

ko

>>公開は終了しました<<

慶応大学といえば、私立大学の中でも難関校として知られています。

もちろん、一口に慶応大学と言っても、医学部と通信教育課程とを比較
すればわかるように、入学試験の難易度は全然違います。

通信過程であれば書類選考と論文のみで合否が決まりますから、一般の
入学試験を受けるのと比べれば雲泥の差といえるでしょう。

また、推薦入試などを含めると、それこそピンきりといえるでしょう。

しかし、多くの場合、ペーパーテストの試験を受けて、慶応大学の希望
する学部を目指す
というところでしょう。

東大、京大を受験するにあたってのすべり止めとして慶応や早稲田等を
受験する人も少なくありませんから、簡単に合格できないことは改めて
説明するまでもないでしょう。

そこに、偏差値40もいっていない高校生・高卒生が慶応大学を目指すと
いっただけで、

気でも狂ったのか?

と驚かれたり、嘲笑されることも珍しくありません。

しかし、あなたのやる気と体力、精神力にもよりますが、通常の4倍速で
勉強をすることができれば、どうにか合格ラインにはたどりつけそうな
気になって来ませんか?

そのために用いたのが、以下の戦略です。

  • マッハ・スタートダッシュ戦略
  • 連鎖式リピート学習法
  • 加速型学習ロジック

この3つの戦略を有効活用したことで、わずか半年間で偏差値を20以上も
上げることができ、合格することができたというわけです。

強制的にモチベーションを維持できる仕掛けを構築することによって、
どうしても気乗りがしない時でも受験勉強を効率よく行えるようになる
というのが大きいのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ