【ラグビー上達革命】少人数でも効果的な練習で上達できる!

rugby

今すぐ確認

ラグビーの選手人口の減少に歯止めがかかりません。

このため、部員の数の減少したり誰もいなくなったことから、ラグビー部を
廃止・休部している学校も増えているといいます。

このため、一部の強豪校が豊富な人材を抱えている一方で、その他の学校は
存亡の危機というケースも珍しくないわけです。

日常的な練習も、部員が少なければ十分に行えません。

練習試合を組めるほどの人数がいなかったり、スクラムを組めるだけの人数
も揃わない場合があると言います。

これでは練習メニューも限られてしまうために、なかなか上達もしなければ
試合では負けてばかりといった状況で、ますます悪循環に陥ってしまうこと
にもなりかねません。

そこで、現在は慶応大学のラグビー部ヘッドコーチを務める野澤武史さんが
少人数でも行えるラグビートレーニングメニューを一般公開しました。

それが、ラグビー上達革命です。
まずは、ダイジェスト版を見てみましょう。

野澤武史さんといえば、ラグビー強豪チームとして知られる神戸製鋼(神戸
コベルコスティーラーズ)や、ラグビー日本代表として活躍していたことを
思い出す人もいるかもしれません。

選手としては優秀であっても、指導者としては平凡以下だという人も少なく
ありありませんが、野澤さんの場合は、選手時代からの綿密な研究と実践が
指導者としての能力も開花させたようです。

現在の慶応大学ラグビー部(慶應義塾體育會蹴球部)における、ここ数年の
低迷ぶりをみると不思議に感じるぐらいです。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ