あなたのイメージ通りに表現!一眼レフカメラで撮る花と庭の写真講座

camera

>>公開は終了しました<<

一眼レフカメラを買ったのはいいけど、うまく使いこなせずに悩んでいる
アマチュアカメラマン
(カメラパーソンという言い方は不思議としません
ね)が少なくありません。

一眼レフを下げて歩いている女性も増えてきたと思うのですが、カメラを
撮影する人以外の言葉では「マン」とか「士」「婦」といった男女を区別
するような単語が次々と消えている中、なんとも不思議なものです。

カメラレディやカメラガール、カメラウーマンやカメラ女子といった言葉
も聞きませんね。

そのうち、この分野でも「進歩的」な人がコラムなどで、火のないところ
から放火でもしてボウボウと炎上させ、言葉狩りするのでしょうか?

話が横道にそれたので、元に戻しましょう。

一眼レフカメラの撮影対象として人物を狙う人もいれば、建物や乗り物、
動物といった具合にさまざまです。

その中で、植物をターゲットにする人もいるかも知れません。

しかし、植物雑誌に掲載されている写真のような撮影がしたいと思っても
撮影が思い通りに出来ずに悩んでいるのではありませんか?

写真コンテストで入賞するようなレベルの撮影スキルを身につけようとは
思っていないが、せめて自己満足ができるように自然を撮影したいと苦労
しているのではないでしょうか?

写真雑誌やノウハウ本、一眼レフ撮影のノウハウが書かれているサイトや
ブログなどを見ても、うまくいかなかったかもしれません。

そこで、植物写真や料理写真などを中心に、ガーデンや園芸、料理雑誌等
で仕事を受けることが多い、プロの写真家である福岡将之さんのノウハウ
を学んでみませんか?

プロの高度な撮影技術なんて、素人が真似できるわけがないと思っている
かもしれないですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ