未婚・未出産女性は対象外?!ママさんバレー上達革命

lvalley

今すぐ確認

看護婦・看護士⇒看護師や、保母・保父⇒保育士といった具合に、ジェンダ
フリーを高らかに歌っている「進歩的」な人たちが、なぜか全く相手にして
いない分野というものが存在します。

それが、前頁で取り上げた「カメラマン」であったり、スポーツ界です。

ママさんバレーなんて、その典型例でしょう。

未婚女性は参加することさえ出来なさそうな名称(現実には未婚女性も多く
参加しています)ですし、子どもがいなければママと呼ばれることも少ない
でしょうから、ジェンダフリー団体が取り上げないのは奇妙ですね。

男女雇用機会均等法をはじめとして、男女差別をなくすことに熱心な人達が
どうしてスポーツ界には何の提言もしていない
のか不思議です。

スポーツ界なんて、野蛮で「進歩」から取り残された人たちが取り組むもの
だという、穿った考えでも持っているのかもしれません。

まぁ、鉄拳制裁や軍隊式教育で抑えこもうとする柔道界や体育会系の人たち
の行動や思考回路を見れば、触れたくないといったところかもしれません。

さて、そのママさんバレーにおいては、強豪チームを除けば、指導者自体が
いないチームも少なくありませんので、試行錯誤を続けながら練習を行うと
いったところだと思います。

熱心に練習に取り組んでも、なかなか上達できずに困っているのではないの
でしょうか?

学生時代の部活とは違って、大人になると練習時間は限られていますので、
どうしても細切れ的な練習しかできないことが一般的です。

そこで役立つのが、ママさんバレー上達革命です。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ