英語と似ているようで似ていない!網野式・動詞フォーカスフランス語入門

france

今すぐ確認

フランス語は英語と似ているだろうから、それほど苦労しなくてもマスター
できるだろう
と思っていませんか?

この話の流れから行くと、

そんなわけないだろ、馬鹿者

といった答えになると予測しているかもしれませんが、誤りです。

結論から言えば、英語をマスターしていれば、フランス語を身につけるのも
難しくはありません。

実際にフランス語と英語では似ている部分が多くありますので、参考になる
ことも数多くありますし、発音も似ている単語が多いことから、何となくで
通じてしまうケースもあるでしょう。

しかし、英語頼みでフランス語の勉強を続けていると破綻することも事実で
あり、しっかりとフランス語を勉強する必要があるのは間違いありません。

なぜなら、イギリス人がフランス語を勉強していたり、フランス人が英語を
勉強していても、簡単にはマスターできていない
からです。

日本人が英語を何年間も学んできたのに、全く身につかないのは、日本語が
世界的に見ても異常な言語だからという話をよく聞きますが、なんてことは
ない、世界的な出来事だったのです。

日本語を含めて10ヶ国語を自由に操れる翻訳者の網野智世子さんも、英語と
フランス語の類似性などをうまく活用して、短期間で多くの言語をマスター
した人の一人です。

そのアミノ酸・・・もとい、網野さんによると、英語と同様にフランス語も
動詞が重要な役割を果たしている点は変わらない
といいます。

フランス語では、英語よりも時制や活用形が多いことが難しく感じられるか
もしれませんが、ポイントを掴んでいけば意外に簡単です。

こういった文法面のポイントをおさえながら勉強していくことが、フランス
語をマスターするための最短距離だというわけです。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ