【トリロジー】入試のケアレスミス撲滅ツールで1日30分!1ヶ月で30点アップ!

trilogy

>>公開停止中です<<

子どもたちは、いったい何をしているのでしょうか?

受験勉強の合間に、この作業を1日30分間程度行うことで、入試での点数を
30点以上アップすることを可能とするトリロジーに取り組む様子です。

資格試験では、一定のボーダーラインを超えれば、合格者が何人いようが、
その資格試験では合格になります。

その一方、入学試験では、基本的には、上から順番に定員+αまでの人数を
合格として、それ以下は、1点でも低ければ不合格
です。

+αというのは、さまざまな理由によって合格を辞退して入学しない学生が
存在することを見越して、定員よりも多めに合格者を出しておくことを意味
します。

前年のボーダーラインより高得点を取ったからといって必ずしも合格になる
とは限らないのが入試
です。

このため、ライバルの受験生よりも1点でも多く点数を取ることが重要です
が、そこで大きな落とし穴となるのが「ケアレスミス」です。

手も足も出ない状況で問題が解けなかったのであればまだしも、単純ミスで
本来であれば獲得できるはずの点数が取れなかったというのは、悔やんでも
悔やみきれないものです。

そこで、工場などで用いられることが多いケアレスミス撲滅のための手法を
受験勉強に持ち込んだ
のがトリロジーです。

工場作業の中には危険なものも少なくありませんから、ケアレスミスをする
ことで命を落としたり、手足を切断するなど危険が生じる場合もあります。

このため、作業ミスを根絶する必要があるわけます。

受験勉強でミスをしても、直接、命を落とすことはありませんが、精神的な
トラウマによって自殺をしたり引きこもる可能性はありますから、同程度に
気をつけなければいけないことは明らかです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ