難関有名私立小学校願書模範例文・面接想定回答集

school

>>公開は終了しました<<

義務教育では、教員の質が低いだけでなく、学校に通ってくる子供たちの
レベルのばらつきが非常に大きいことから、子供の学力が伸びないだけで
なく、精神的に歪んだり、自殺に追い込まれるといった心配もあります。

他人のお子さんであれば、かわいそうで済む話ですが、我が子ともなれば
決して見過ごすわけにはいかないのではないでしょうか。

そこで義務教育のスタートとなる小学校から、評価の高い難関私立小学校
を目指して受験勉強に取り組んでいるかもしれません。

幼稚園を併設しているところであれば、内部進学という選択肢もあります
が、学費負担であったり、仕事の都合上、幼稚園ではなく保育園しか通わ
せることができなかったという場合もあるでしょう。

しかし、中学受験以降が、基本的にはペーパーテストで合否を決めるのに
対し、幼稚園や小学校受験では、筆記試験よりも、面接や観察試験に高い
比重が置かれている
場合が珍しくありません。

小学校という集団生活において、学校の秩序を維持できるかという観点で
重視しているところもあれば、国内外の難関大学を目指して難しい勉強に
取り組む基礎的な能力を持ち合わせているか判断する場合もあります。

小学校入試は、入試の手続きから始まることが一般的です。
入学願書とともに、志望動機書の提出が求められる小学校が多くあるから
です。

就職活動で言えばエントリーシート、転職活動で言えば職務経歴書のよう
なものですから、極めて重要な位置づけにある書類であることは言うまで
もないでしょう。

書類選考を行う小学校の場合には、入学願書や志望動機書の内容によって
不合格になる可能性もありますから、綿密な対策が求められます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ