グローバルよりネイティブ!英語上達へのプラチナチケット

pticket

今すぐ確認

英語はコミュニケーションの手段でしかないのだから、相手に理解されれば
それでいい
という考え方も存在します。

外国語として英語を学んだ国同士の人たちが、英語でコミュニケーションを
取るのであれば、そういった割り切りも出来るでしょう。

グローバルイングリッシュという概念を提唱している人たちは、目的を達成
するために英語を話せればいいのだから、文法よりも単語レベルで話したり
することにも違和感がありません。

しかし、英語圏のネイティブからしたら、どのように思われるでしょう?

まともに会話の出来ないボケ老人や、単語を並べて命令口調で話す外国人を
相手にしたら、あなたはどう思いますか?

あからさまに態度に出すことはないと思いますが、相手のことを軽蔑したく
なりませんか?

日本にいる日本人が思うように、英語圏のネイティブ達も同じことを考えて
いるのです。

ジェスチャーや単語を並べただけでも通じればいいという低次元なレベルで
満足するのであれば、グローバルイングリッシュで十分でしょう。

しかし、知性と品格を持った日本人であると、ネイティブに印象付けようと
思うのであれば、しっかりと英語を身につける必要があります。

ビジネスパーソンが仕事で使う英語が、単語の羅列というのであれば、出世
したり昇給するなどということは考えられません。

レイオフされたり、解雇されることは言うまでもないでしょう。
それ以前に、採用さえも全くされないかもしれません。

また、日本人ばかりが集まっている語学留学は別としても、欧米の大学院や
大学など進学するときに、単語レベルのコミュニケーションしかできないと
いうのでは、授業についていくことができません。

それ以前に、TOEFLやIELTSなどで高得点を取っていても、入試を受ける事
さえできないでしょう。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ