底辺校から難関校まで対応!私立・国立小学校受験の秘密兵器

shoheiki

今すぐ確認

少子化にもかかわらず、小学校や幼稚園を受験者が増え続けています。

小学校なんて近所の公立校で十分だと思っている親御さんは都市部に行く
ほど減少していることは、公立校の教育レベルが低下しているどころか、
学級崩壊を始めとして、治安面で危険な状況になっている
からです。

体罰やいじめを受けても、まともな対応がとられることなく、泣き寝入り
して自殺するまで追い込まれるといった状況が公立校では日常茶飯事です
から、まともな教育を受けるために私立か国立を選ぶのも当然でしょう。

公立校以下の私立校もありますので全てとは言いませんが、生活面の教育
だけでなく、学力を上げるという点でも国立校や私立校の方が優れている
ところが大半です。

しかし、国立小学校や私立小学校に入学するためには入学試験に合格する
必要があります。

不合格になれば自動的に地元の公立小学校に通わせる義務が生じますので
浪人することができない文字通りの一発勝負となります。

最近は面接を課すケースも増えていますが、中学入試以降は、基本的には
ペーパーテストだけで合否を判定するのに対し、小学校入試ではペーパー
テストだけでなく、面接や生活態度なども重視するのが大きな違いです。

面接も本人だけでなく、親子面接で行うことが一般的です。

このため、「お受験」に熱心になる親御さんが多いわけですが、学習塾に
通わせると、1年で100万円を超える支出になることが珍しくありません。

あなたが経済的に余裕のある富裕層であれば、子供の将来のためにお金を
つぎ込むことに躊躇ないと思いますが、中間層以下であれば、経済負担が
重くのしかかってくる
のではないでしょうか。

国立小学校であれば授業料は廉価ですが、私立小学校では高額な授業料が
必要ですし、諸経費なども含めるとバカにはなりません。

可能な限り、余分な出費を減らしたいというのが本音でしょう。

そこで、お受験塾として知られる某進学教室で長期にわたって講師として
勤めていた福澤晃典さんが、小学校受験の対策を可能な限り安く済ませる
教材を発売しました。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ