偏差値38の生徒が超難関大学に合格できた「武田式教育法」

takedae

今すぐ確認

勉強が苦手だからといって進学を諦めてしまうのは勿体無いということが
わかるのが、武田塾代表の林尚弘さんの実績です。

「武田」塾だから塾長は武田さんじゃないのかと早合点しないように注意
してください。

「武田の受験相談所」というブログを林さんが運営している時に使用して
いたビジネスネームが「武田」だったという話ですから、要するに芸名や
源氏名のようなものですね。

話を戻しますと、武田塾では授業をしないことで有名です。

それにも関わらず、E判定から奇跡の逆転合格を続出させているわけです
から、どのように勉強しているのか興味がわいてきませんか?

成績が優秀な優等生と、あなたのような(失礼な!)劣等生とは、オツム
の出来がほとんど同じであることは、CTスキャンや医学的研究で明らかに
なっていますので、言い訳に使うだけ見苦しいですよ。

授業は同じように受けるとしても、成績を左右する秘密は授業時間「外」
にあることは予想がつくのではないでしょうか。

授業というのは、学校や学習塾、予備校や家庭教師などを問わず、あなた
が学ぶ時間のことであり、授業時間「外」というのは、主に自習のことを
さしています。

つまり、どのように自習をするかによって、優等生になれるのかどうかが
決まるといっても過言ではありません。

家で勉強したことがないというのであれば、学習塾に行ったり家庭教師を
呼んでも成績が上がることはないでしょう。

学習塾や予備校、家庭教師から学ぶというのは、学校の授業を再放送して
いるだけであって、授業の内容を身につける方法を教えてもらうわけでは
ない
からです。

あくまでも、学んだ内容を身につけるのは自習の時間です。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ