テニス初心者が4時間でマスター!「ワイパースイングZERO」フォアハンド編

wiper

今すぐ確認

テニス初級者がワイパースイングをするのは無謀であり、時期尚早だと
罵倒したり軽蔑する指導者も少なくありません。

理由は簡単であり、一般的な認識では、あまりにも現実離れしたことを
言っている
からです。

ワイパースイングを駆使している選手の多くは、トッププロや上級者で
あり、テニスを始めた素人が手を出すのは間違いだという不文律がある
わけです。

子供が、「ぼくはそうりだいじんだ」とか「僕には腹案がある」という
のと同じレベルのキチガイじみたことを言っていると第三者からは思わ
れるわけです。

学校の部活動であれば、先輩たちなどからいじめられる原因になるかも
しれませんし、テニススクールでも、同じスクール生からはバカにした
ような態度をとられるかもしれません。

そんなことを考えているから、基礎が疎かになってテニスが上達しない
などと小言をいう指導者も数多くいるでしょう。

しかし、このキチガじみた要望を満たしてしまう練習法があります。
それが、「ワイパースイングZERO」フォアハンド編です。

日本トップクラスのテニスコーチとして知られる新井湯太加さんがプロ
向けではなく、全くの素人テニスプレーヤー向けに、テニス初心者でも
マスターできるフォアハンドの方法を教えてくれます。

ワイパースイングで重要なポイントが「回転のコントロール」ですが、
これが難しいからこそ、素人が手を出せない分野であると思われている
わけです。

しかし、新井さんによると、ボールの回転を簡単にコントロールできる
方法が存在するといいます。

そのポイントは、フィニッシュの位置です。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ