【走塁革命】野球では脚が遅いからこそ必要な走塁テクニック

sourui

今すぐ確認

野球で走塁というと、盗塁するときに役立つといったイメージしか持って
いない人が多いようです。

だからこそ、俊足でなければ走塁なんて関係ないものだと、選手どころか
指導者さえも同じように考えがちですが、本当に正しいことなのでしょう
か?

この文章の展開から予想がつくとは思いますが、俊足選手より平凡以下、
特に鈍足選手のほうが走塁テクニックを身につける必要があるというのは
元プロ野球選手の屋鋪要さんです。

プロの世界でも足が速いから走塁が上手いわけではなく、技術力の有無で
大きな差が生まれる
と言います。

アマチュアや学生野球では、なおさら大きな差が生まれるといってもいい
でしょう。

ところで、走塁テクニックを身につけると何が嬉しいのでしょうか?

誰もが思い浮かべる盗塁だけでなく、シングルヒットの所をツーベースや
スリーベースヒットにしたり、内野ゴロでアウトになるところを内野安打
にできるケースも出てきます。

また、ランナーとして出塁している時でも、ピッチャーにプレッシャーを
与えたり、送りバントやスクイズ、ヒットエンドランではスタートが早い
ほど、次の塁に進める可能性が高まるわけです。

もちろん、盗塁の成功率が高まるということも忘れてはいけません。

しかし、理論的な話は知っていたとしても、走塁テクニックを磨くために
どのようなトレーニングを行えばいいのか分からない
という選手や指導者
が少なくありません。

心がけの話だからといって、日々の走り込みやダッシュの練習などで済ま
せてしまうケースも多いのではないでしょうか。

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ