言語学者だからこそ実現できた!スコットペリーの発音大学

gatuonun

今すぐ確認

英語の発音を苦手とする日本人は少なくありません。

カタカナ英語は論外としても、英語らしい発音の仕方を学んで、口や舌の
動かし方をテキストに書いてあるようにしても、ネイティブに理解される
英語の発音ができない
というケースは珍しくないのです。

その結果、どうすれば正確な発音ができるのか、全く想像もつかないこと
から、頭を抱えてしまうのです。

しかし、アメリカ人言語学者のスコットペリー氏は、カタカナ英語や日本
なまりがひどく、ネイティブに理解されない英語の発音を矯正する方法を
開発
しました。

それが、スコットペリーの発音大学です。

1日15分間、自宅でトレーニングを行うだけで1ヶ月もすればネイティブ
と変わらないレベルの発音ができるようになるだけでなく、当然ながら、
ネイティブにも理解できる発音ができるようになります。

日常生活レベルの英語は当然として、ビジネスで通用する発音がマスター
できますので、苦手意識を持つ人が多い英語での電話対応もスムーズに
こなせるようになります。

当然ですが、「もしもし」を「If,If」などという英語レベルであれば、
発音だけが優れていたところでお話になりませんので、英語力も必要で
あることは大前提です。あえて書くまでもなかったかもしれません。

スコットペリーの発音大学は既に2500名以上が実践しており、その効果
は折り紙つきです。

なんとかラーニングのように、莫大な広告費を投じて、イメージ戦略を
構築し、専門の部隊を置いて口コミサイト等での悪評をかき消すような
ことはしていません。

それでも、高評価が相次ぐ理由はどこにあるのでしょうか?

【続きはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ