無差別大量殺人犯に殺されない!ナイフディフェンス基礎講座

knife

>>公開は終了しました<<

意外に思うかもしれませんが、犯罪の発生件数は、犯罪が増加していると
言われている現在も含めて、戦後一貫して減少し続けています。

しかし、ここ数年は、無差別大量殺人が目立ちます。

刃渡り数十センチというサバイバルナイフやバタフライナイフなどを所持
している若者が増えている
というのが原因だと言われています。

彼らはリア充とは程遠く、世の中の日陰にいることが多いため、劣等感を
常に抱えてイライラしているものです。

ちょっとした出来事で不満を爆発させて、無差別大量殺人を行うケースも
起こっています。

また、将来を悲観して自殺をするというのであれば違和感は感じませんが
自分が死ぬのが怖いから無差別殺人をし、裁判で死刑になることで殺して
貰いたいといった考えを実行するケースも起こっています。

アメリカなどと違って、猟銃などの例外を除けば散弾銃やライフルなどの
拳銃類の所持は禁止されていますから、乱射事件と比べて被害が少ないと
いう言い方もできるでしょうが、良いことではありません。

無差別大量殺人犯は、繁華街などで、前触れ無くいきなりナイフを持って
暴れだしますから、あなたも常に危険に晒されているといっても過言では
ないでしょう。

そこで、護身術を身につけておくことが効果的です。

もちろん、武道系の訓練を受けることも有効な対策の一つですが、ナイフ
が保つ特性を理解して、身を守るためにはどうすればいいのかという知識
を持っているかどうかも、生死を分ける大きな分かれ目になります。

ナイフディフェンス基礎講座は、あなたが自宅でナイフ防衛を行うために
必要な知識をつけるのに最適な教材です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ