短期間で偏差値39から73へ!センター試験勉強法マニュアル

center

>>公開は終了しました<<

偏差値39から73

あなたは、どのように思いますか?

元々は優等生なのに、名前の書き忘れなどで一度0点になってしまった
からこそ成り立った「珍事」であるとか、元々は素質があるのに全くと
いって勉強しなかった人が、急にやる気を出したなどと考えましたか?

いずれにしても、ごく一部の例外的な話であって、自分には全く関係も
なければ、縁もない話
だと思っているかもしれません。

果たして、本当にそうなのでしょうか?

実は、偏差値39から73に上がった受験生が文字通りの劣等生から達成
できた結果
だと言われると、驚くかもしれませんし、信じられない話で
あるとして疑っているかもしれません。

信じる・信じないはあなたの自由ですが、勉強の内容ではなく勉強法を
変えてみるだけで、結果に大きな違いが出る
ことは知っておいてもいい
でしょう。

点数を上げるためには勉強時間を伸ばすことが効果的だと、一般的には
考えられています。

しかし、単に勉強時間を長くしただけでは、思ったほどの成果が出ない
ことは珍しくありません。

現在の効率の極めて悪い勉強法で、勉強時間を伸ばしただけでは疲労が
ますばかりであって、時間を伸ばしても疲れが増すだけで終わることが
大半だからです。

しかし、優等生が行なっているような勉強法を、そのまま真似しようと
思っても真似ができないのは、その勉強法に慣れていないだけでなく、
スタートラインの差が大きいことから、スピードが全く違うためです。

いきなり優等生と同じスピードで勉強がはかどらないことが当然である
にもかかわらず、「自分には向いていない」と挫折するわけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ