【毎月先着15名限定】スギーズ式60日間英語マスタープログラム

sugis

>>公開は終了しました<<

日本人が英語を勉強してもなかなか話せない理由は、何か知っていますか?

チャイナ由来の東洋文化に染まりすぎているのが原因であるとか、周波数の
違いが原因であるなどと、さまざまな説明がされています。

TESOLであり豊富な英語教育の実績を持つスギーズ英語発音教室の杉本宣昭
さんによると、日本語には存在しない「英語独自の音」が原因だと言います。

英語の発音36個のうち、半数以下の16個しか「日本語に存在する音」はあり
ません。

その上、学校で行われている英語教育の中で、発音に関する重要性が著しく
低いこともあって、英語の発音を正確に理解して発声できる人が極めて少数
なのです。

正確に発音ができないと、正確に聞き取ることができませんから、どれだけ
熱心に勉強しても身につかないわけです。

その上、役に立たない学校教育に頼ることなく、英会話スクールや、英語の
発音に関して独自に学習をして、自分では正しく英語を発音できたと思って
いても、英語圏のネイティブには通用しないケースも少なくありません。

この場合、自分では問題を認識できていないだけに厄介な問題なのです。

聞き取れない、話せないにも関わらず、発音の勉強をしたので完璧だという
思い込みのために、別の原因を探し求めてしまい、いろいろな教材や英会話
教室に通ったところで、いつまでたっても解決しないのです。

単語力が足りなかったり、文法の理解が不正確だから、英会話がスムーズに
できないと思い込んだり、基礎はできているから後は経験だけだと思ったり
するのが間違いの原因なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ